EigenFactorTM(アイゲンファクター)|学会誌・学術印刷全般・学会業務受託など、文化学術の発展に貢献する中西印刷

アイゲンファクターとは

EigenFactorはImpactFactorと同じく、学術誌の影響力をはかる指標です。学術誌の影響指標についてはImpactFactorが広く使われてきましたが、引用数を発表数で割るという単純な指標ですので、発表数のすくないつまりマイナー雑誌が有利ですし、その数値が一人歩きして勝手にランク指標として扱われるなどさまざまな弊害がでていました。EigenFactorはこれらの弊害をかなり減らすことに成功し、あらたな指標として注目を浴びています。

計算式

かなり複雑な式となっており、線形代数や統計学といった大学理系の数学知識が必要です。


そのため、詳細は「EigenFactorの数学的基礎」という文書(PDF)を用意しておりますので。こちらを御覧ください。


EigenFactorの数学的基礎

EigenFactorとImpactFactor

EigenFactorはImpactFactorとくらべ、どのような指標としての違いがあるのでしょうか。
実際、日本のImpactFactor上位の理系雑誌のEigenFactorを調べてみました。

EF順位 Journal EF IF IF順位
1 JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS 0.02809 1.122 112
2 Applied Physics Express 0.02535 2.265 26
3 JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN 0.02428 1.559 62
4 CIRCULATION JOURNAL 0.02141 4.124 7
5 CANCER SCIENCE 0.0212 3.896 8
6 PLANT AND CELL PHYSIOLOGY 0.01948 4.319 6
7 CHEMISTRY LETTERS 0.01443 1.55 64
8 JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY 0.0127 4.414 4
9 BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY 0.01064 1.176 105
10 PUBLICATIONS OF THE ASTRONOMICAL SOCIETY OF JAPAN 0.0102 1.961 38

(出典:Thomson Reuters 社、Journal Citation Reports 2015年版)

EigenFactor上位雑誌は、いわゆる有名誌が多いことがわかりました。
それに比してImpactFactor上位という雑誌には有名な雑誌も含まれていますが、あまり馴染みのない雑誌も含まれています。創刊まもないといった雑誌もあります。その他ImpactFactorと比較してEigenFactorでは、有名な雑誌が各分野、偏りなく選ばれており、非常に「実感」に近いものとなっています。 なお、中西印刷ではお問い合わせいただいても、個別のEigenFactorやImpactFactorをお教えすることはできません。

Normalized EigenFactorについて

EigenFactorは数値が小数点以下の非常に小さい値となり、また分野による偏りもImpact Factorほどでないにせよ存在しました。そこでこれを解消するため、2014年版からNormalized Eigenfactor(正規化アイゲンファクター)という指標が発表されるようになりました。これはEigenfactorのアルゴリズム自体はそのままに、分野内の平均スコアが1となるよう正規化された指標です。従って、Normalized EigenFactorが1であればその分野で平均的な影響力をもつジャーナルといえ、それ以上すであれば影響力が大きいジャーナル、以下であれば影響力の小さなジャーナルということになります。

ご不明な点などはトムソンロイター  ウェブサイト:http://science.thomsonreuters.jp/をご参照いただくか、
メール:ts.info.jp@thomson.comまでご連絡ください。

詳細については「EigenFactorについて」という文書(PDF)を用意しておりますので。こちらを御覧ください。


EigenFactorについて


ページの先頭へ