会社設備|学会誌・学術印刷全般・学会業務受託など、文化学術の発展に貢献する中西印刷

組 版

当社は組版システムとして古くからWindowsDTPを採用しています。
日本の印刷業界では組版システムとしてはMacintoshというのが常識だったのですが、国際的なシェアから見ると
Windowsが圧倒的ですし、アプリケーションの選択肢も広いのです。
特に、数学・物理学に使われUNIXで発達したTeX※を古くから使っていたため自ずとWindowsになっていきました。
TeXは現在でも古文書組版をはじめ幅広く使用しています。
なお当社では、印刷組版とともにオンラインジャーナルや電子書籍の製作を重要視していますので、
データベース関連のFramemakerといった特殊なDTPソフトも使用しています。

    ■当社保有組版ソフト
  •  Adobe Indesign
  •  Adobe Framemaker
  •  Morisawa MCB2
  •  AH Formatter
  •  TeX※

その他、さまざまなソフトをご用意しています。
しかし、結局組版はソフトではなくて、
個々のオペレータの力量によるところが大きいのです。

※TEXについての詳細説明はこちら

ソフトではなく個々のオペレータの力量を重視

ソフトではなく個々のオペレータの力量を重視


CTP※はコンピュータトゥープレートの略で、コンピュータのデータを刷版に加工する装置です。オフセット印刷ではこの刷版がなければ印刷できませんので、印刷工程の中では非常に重要な装置といえます。中西印刷では2005年、サーマルCTP Agfa AVALONとケミカルレスサーマルプレートAgfa Azuraシステムを導入しました。ケミカルレスとは化学薬品を使わないという意味です。環境に負荷をかける現像液などの化学薬品を使わないで刷版を製作するという画期的な設備です。
 スピードだけをとりあげればもっと速いCTPシステムはいくらでもありましたが、中西印刷は環境に優しい、Agfa Azuraを選択しました。環境への配慮は未来への子供たちにとってわれわれの世代の義務だと思っています。生産性と環境保護を天秤にかけるのでなく、両方ともバランスよく発展させる中西印刷のポリシーがここにもあらわれています。

※CTPについての詳細説明はこちら

サーマルCTP AVALON

サーマルCTP AVALON


Color 1000 Press

当社では最新鋭のオンデマンド印刷機XEROX Color 1000 Pressを導入しています。
Color 1000 Pressは今までのオンデマンド印刷※とは違い、最後に油塗布をおこないません。
今まではこの油塗布のためにオンデマンド印刷はべっとりとした「てかり」があったのですが、それがなくなりました。
またその他トナー形状そのものもより球体に近いものを使用するなどオフセット印刷に非常に近いしあがりを得ています。
また、色安定性なども改善し、品質が格段に向上しています。
なお、当社の機械にはクリアトナーを装備し、今までオンデマンド印刷機では難しかった表紙の光沢加工を可能にしてい
ます。もはやオンデマンド印刷機はオフセット印刷機の安い代替品ではありません。
独自の品質をもって独自の進化をとげ、少部数カラー印刷という今までなかった市場を独走しています。
中西印刷では最新のColor1000Press印刷をリーズナプルな価格でお届けします。


※オンデマンド印刷についての詳細説明はこちら


ページの先頭へ