モンゴル文字 Mongolian character|学会誌・学術印刷全般・学会業務受託など、文化学術の発展に貢献する中西印刷

モンゴル文字 Mongolian character

 モンゴル文字(蒙古文字)は古代アラム文字からソグド文字、ウイグル文字を経て成立したもので縦書、行は左から右へ追う。語毎に1本通った縦の線が印象的な文字である。モンゴル文字は音素文字で大文字・小文字の別はなく、語頭形・語中形・語尾形の3形があり、位置により同音異字となっているものが多い。モンゴルが社会主義国となり、ロシア文字を使用したため、現用は中国内の内蒙古自治区に限られる。モンゴルの民主化後、復活の動きがあるが、進展してない。


現用:中国内蒙古自治区


UNICODE:1800-18AF


᠀᠁᠂᠃᠓᠔᠕᠖᠗᠘᠙᠚᠛


内蒙古自治区モンゴル語新聞「Obor-mongol-un-edur-un-sonin」

内蒙古自治区モンゴル語新聞「Obor-mongol-un-edur-un-sonin」



ページの先頭へ