J-STAGE|学会誌・学術印刷全般・学会業務受託など、文化学術の発展に貢献する中西印刷


J-STAGEへの掲載業務について

PubMed Centralは米国のNLM(National Library of Medicine 国立医学図書館)が提供するオンラインジャーナルです。弊社では日本の英文学術誌をPubMed Centralに掲載することのお手伝いをしてきました。PubMed Central掲載は出版社経由が前提で申請段階から非常に煩雑な英語による書類作成が必要となってきます。当社は出版社機能をもっておりますし、すでにNLMに対し実績を積んでおりますので、こうした煩雑な申請手続きを代行することが可能です。また、データ作成はNLM DTDに基づくXMLファイルを作成することが必要ですが、長年のオンラインジャーナル作成の経験をもって当社ですべて作成致します。先生方に面倒なお手をわずらわせることがありません。

なお、PubMed Centralは本文が英文であることは必須ですが、Abstractに日本語も掲載できるようになりました

受託業務内容

【企画】
既刊の紙雑誌があり、J-STAGEなど他のオンラインジャーナルに掲載されていてもPMC掲載への障害にはなりません。むしろ発行実績は掲載のために非常に重要な要素となってきます。

【掲載申請】
PubMed Centralは米国の政府が提供するサービスですので、掲載されるには雑誌としての実績が必要となります。MedLineに掲載されているものは問題なく通るようですが、それ以外のものについても申請資格要件がPMCのサイトに掲載されています(http://www.pubmedcentral.nih.gov/about/pubinfo.html 後述)。ImpactFactorがでていることは重要な要件ではあるようですが、掲載可かどうかは最終的に審査の上決定されます。このあたりの書類作成についても代行、あるいは助言を行います。申請への最低基準は、創刊後2年、査読論文が25以上です。

【テストデータ送付】
掲載が決定されると、PubMed Centralに適合しているかどうか10号分ほどのテストデータを作成送付します。これにつきましては当社では経験を重ねておりますが、審査に時間がかかる場合もあります。

【本運用】
テストデータが問題なくなると実際にPubMed Centralでの運用がはじまります。この段階にいたるまでには、さまざまな書類や誓約書に署名を求められます。またPubMed Central自身からもさまざまな質問があります。すべて当社にてお手伝いします。



PMC掲載へのロードマップ(PDF)

ページの先頭へ