XMLとJATS|学会誌・学術印刷全般・学会業務受託など、文化学術の発展に貢献する中西印刷

JATSと中西印刷

JATS(Journal Article Tag Suite)は学術雑誌のオンラインジャーナル化にわたって世界的な標準となっているDTDです。DTDはXMLを作成するときの規格となるもので、それぞれの分野で作成されています。これは医学学術雑誌を記述するためにNLM(National Library of Medicine 米国医学図書館)で2003年に作られたNLM DTDを元にしています。NLM DTDは当初はNLM内部のものでしたが、学術雑誌のDTDとしてNLM以外でも広く使われるようになり、学術雑誌の世界ではデファクトスタンダード化していきました。そこで2012年学術雑誌全般の記述をできるように拡張がなされJATS1.0としてANSII(米国の標準規格 日本のJISにあたる)に登録されました。

NLM DTDからJATSへの拡張で非常に重要なのは、ラテン文字アルファベット以外でも使えるようにする多言語対応でした。この規格には全世界に協力が求められ、日本ではSPJ研究会(現在は「学術XML推進協議会」に発展的解消)が対応にあたりました。その中心メンバーの一社として中西印刷も参加しました。そこで数多くの提案や原案作成をおこないました。こういう経緯からJATSサイトから発表されている規格サイトそのものに当社専務の名前が掲載されています。こちらをごらんください。弊社はXMLやDTDに熟知した社員を擁し、新しい時代の印刷業のあり方を模索しています。

XMLについてPDF

JATS規格書
JATS規格書に中西印刷の専務の名前が掲載されています
Journal Publishing Tag Library NISO JATS version 0.4<name-alternatives>Name Alternative

ページの先頭へ