J-STAGE|学会誌・学術印刷全般・学会業務受託など、文化学術の発展に貢献する中西印刷

J-STAGEへの掲載業務について

J-STAGEは科学技術振興機構の運営するオンラインジャーナルで収録誌数・収録論文数、アクセス量いずれも日本最大級のオンラインジャーナルです。おもに理科系の学術雑誌を全世界に発信していましたが、これからは他分野にも拡がると発表されています。また、J-STAGEは、国の予算でまかなわれているため、基本的に掲載料が無料なことが大きな魅力です。それだけにいろいろな条件が課されているのも事実。中西印刷はJ-STAGEを開設当初から取り扱い、今までお世話した学会数は60学会に上ります。この経験をもって当社では、最初のJ-STAGE申請段階から、掲載、その後の運用までお手伝いいたします。現行J-STAGE 3に必要なXMLも世界で初めての日本語対応Full-J XML作成を行うなど万全の態勢を整えております。またインターネットの利点を充分に発揮できる時期バージョンJ-STAGE4(仮称2017リリース予定)の検討も先行的に行っています

受託業務内容

【企画】
すでに既刊の紙雑誌がある場合はもとより、これから新創刊したい、またはオンラインジャーナルだけの運用を行いたいという場合まで、さまざまな要件を検討して、適切なオンラインジャーナルの企画を御一緒に考えて参ります。

【申請】
J-STAGEは公的機関の運営だけに、申請に当たってはさまざまな書類やテストファイルの提出がもとめられます。中西印刷では幾多の経験をもってこれら申請のお手伝いを行います。(J-STAGE側の事情により、登録を拒絶される場合があります)

【テスト運用】
すでに経験を重ねておりますので、テストデータ作成や、その後の運用試験などはほとんど手間がかかりません。

【本運用】
実際に運用を開始したあとも、最新鋭のソフトウエアを使用し効率的な運用を行います。
また、最終段階の校正は必要ですが、それ以外のほとんどの業務を当社で代行いたしますので、先生方にはオンラインジャーナル発行についてほとんどお手間をとらせません。
また当社は印刷会社ですので、紙の雑誌との連携もスムーズです。

【投稿審査システム運用】
J-STAGEでは、専用の投稿審査システムを無料で提供されておりますが、それでも投稿管理・査読管理などの事務局作業は膨大なものとなります。
当社では、J-STAGE投稿審査システムについても多くの経験を重ね、事務局業務のほとんどをお手伝い可能です。学会の先生方は査読に集中していただけます。

Jステージ3対応!

ページの先頭へ