中西印刷株式会社

Office系データ入稿 | 冊子印刷・学術誌印刷を専門に取り扱う印刷会社

会社概要サイトマップ
私たちは印刷を通じた文化学術への貢献を使命とし、高品質・高信頼性を追求しています。 報告書 Report学術誌 Academic journal博士論文 Dissertation句集・歌集 Anthology/Poems書籍 Bookその他冊子 Others
入稿形式 Office系データ(Word, Excel等)

データ入稿時の注意点

ご使用ソフト、フォントが弊社対応のものかどうか事前にご確認ください。(対応表はこちら

電子ファイルがまったくそのまま、印刷されます。ミスのないように、お願いします。

白ページに気をつけてください。普通、プリンタで刷るときは、片面刷りですが、印刷は両面刷りです。当然、白紙ページがはいる場所(扉の裏など)は、白ページをいれていただかねばなりません。裏表をあわせてみておかしくなっていないか、注意してください。

ページの入り方に注意してください。横書きの場合、右側に奇数ページ、左側に偶数ページがきます。これは造本の大原則です。白ページの入りようによって、これが途中から、狂う場合がありますのでご注意ください。

図のスキャニングは、写真の場合、原寸で350dpiグレースケール。線画は600dpi白黒2値がもっとも適しています。カラーにも対応しています。拡大する場合は、その比率に応じて高い解像度で撮る必要があります。カラーで撮られても問題はありませんが、ファイルサイズが大きくなるだけで意味はありません。スキャニング装置が手元にないというときは、当社でもスキャニング代行を行います(要、別途費用)。

表紙、背表紙のファイルもお送りください。背表紙は厚みがありますので、字の大きさなどにご注意ください。

TeXの詳細はこちらをご覧下さい(中西印刷公式ホームページへ移動します)

修正・組版が不要でPDFが作成可能な場合は、PDF入稿をお奨め致します。また弊社の組版による本格的な書籍・冊子の作成をご希望の場合は組版・手書き原稿による入稿もご検討下さい。

データ入稿の際に以下の点にご注意下さい。

データは、最新の状態(完成原稿)のファイルをお送りください。 使用ソフトのバージョン情報は必ずお知らせ下さい。 Windows Vistaでデータを作成した場合は必ずお知らせ下さい。 フォントに関して、弊社で対応していないフォントをデータ入稿時に添付されていても、 ライセンス等の関係から業務用及び商用印刷に使用して良いかの判断が出来ないため使用できません。 ご了承下さい。(弊社対応フォント一覧はこちら

Illustratorで作成する場合

Illustrator上の文字はアウトライン化してください。 トンボは必ずトリムマークで作成してください。(フィルタ→クリエイト→トリムマーク) 塗り足し分を必ず天地左右に各5mm作成してください。 使用している画像は念のため全てお送りください。 画像を配置している場合は、リンクパレットで画像を埋め込んで保存してください。 文字を打ったときの余分なアンカーポイントは、可能な限り削除してください。

Illustrator9.0~10.0で作成される場合、書類設定内の透明でラスタライズ/ベクトル設定を100にしてください。 埋め込み画像の場合も、念のため画像のみのデータもお送りください。

Photoshopで作成される場合

Photoshopデータの解像度は原寸、350~400dpiで作成してください。
カラーをRGBからCMYKに変換してください。(色味が変化します)

Windows Microsoft Officeで作成される場合

弊社に対応していないフォントを使用されている場合は、文字が化けたり消えたりすることがあります。
Office系ソフトの一番細い線は、出力の際かすれる場合がございます。

弊社では、お客様のデータが確実に印刷できるようなチェック体制を用意しておりますが、お客様入稿データの入力間違い等に関する責任は負いかねます。また、作業の内容によっては、お客様に校正やデータの再送信をお願いする場合もございますのであらかじめご了承ください。