中西印刷株式会社

製本・仕上げについて | 冊子印刷・学術誌印刷を専門に取り扱う印刷会社

会社概要サイトマップ
私たちは印刷を通じた文化学術への貢献を使命とし、高品質・高信頼性を追求しています。 報告書 Report学術誌 Academic journal博士論文 Dissertation句集・歌集 Anthology/Poems書籍 Bookその他冊子 Others
仕上げ製本 製本様式や綴じ方について 表紙用紙 連量表示は四六換算となります。
通常紙 135kg

コピー紙に近い紙です。塗料が塗布されていないため表面に光沢や艶が少ない用紙です。

レザック紙 175kg

少し厚手の紙に、特殊加工で凸凹をつけた紙です。報告書に良く用いられます。色見本についてはこちらをご覧ください。

コート紙 135kg

両面に光沢があり、写真などが綺麗に再現されます。カラー印刷に向きます。

マットコート紙 135kg

コート紙の光沢を抑えた紙です。文字にも写真にも適します。

色上質紙 最厚口132kg

表面に何もコーディングされていない光沢のない色のついた紙。色見本についてはこちらをご覧ください。

ミューズコットン紙 163kg

和的イメージと表面の柔らかなストライプ柄が人気があります。句集・歌集にも向きます。色見本についてはこちらをご覧ください。

里紙 130kg

色数豊富で上品な肌合いの和紙ペーパー。表面にわずかな起毛感のあるやさしい手触りが特徴です。色見本についてはこちらをご覧ください。

製本・カバー
無線綴じ

報告書など中身を厚紙でくるんだリーズナブルな製本方法。ページ数の多い製本も可能です。

中綴じ

写真週刊誌のように用紙の中心を針金等で綴じる製本方法。大量ページ数の製本には向きません。

ソフトカバー

単行本や文庫、新書などに見られる一般的な書籍でみられる製本方法。表紙の上にさらにカバーをつけます。

ハードカバー

表紙に布クロスや紙クロス、革などを用い、堅い表紙にする製本方法。長期保存書籍に向きます。

本文紙 連量表示は四六換算となります。
上質紙 70kg

塗料が塗布されていないため表面に光沢や艶が少ない用紙です。

コート紙 73kg

両面に光沢があり、写真などが綺麗に再現されます。カラー印刷に向きます。

マットコート紙 70kg

コート紙の光沢を抑えた紙です。文字にも写真にも適します。

書籍紙 72.5kg

文庫本などに多く見られる、目に優しい紙です。カラー印刷には適しません。

オプション加工
クリアトナー

ちょっと高級に見せる艶出しコーティング。PP貼りよりも安価でエコ仕様です。

グロスPP加工

紙の表面にフィルムを貼り、印刷物の表面を保護するための艶出し加工です。

マットPP加工

紙の表面にフィルムを貼り、印刷物の表面を保護するための艶消し加工です。

見返し加工

表紙と裏表紙の内側の部分に、紙を糊で貼る加工です。装飾効果で少し豪華な本に仕上がります。

論文製本(上製本)

表紙に布クロスや紙クロス、革などを用い、堅い表紙にする製本方法。記念に残す本や豪華な博士論文などに。

仕上げ加工について
表紙は冊子の顔です。同じ人でも、さわやかに笑っている方がはるかに印象がいいのと同じく、印刷物もその表紙によって印象ががらりと変わります。印象を変えるのにおすすめしたいのが仕上げ加工。表紙に仕上げ加工を施すことで、あなたの冊子はより魅力的に変身します。こうした仕上げ加工は表面を保護するのが本来の目的ですが、輝くような表紙の光沢はきっと読む人を引き込むことでしょう。
当社では冊子のためにさまざまなこだわりの加工技法を取り入れています。是非一度お試しください。